お客様満足度No.1!地域密着型の株式会社技昇は、豊富な経験と優れた技術で

地元のお役に立ちます!

皆さん、こんにちは。

地域密着型塗装店・株式会社技昇です!

塗装を考えて業者に依頼して説明に来て貰ったけど、専門用語が多すぎて分からない(*_*)となった事はありませんか?

「一体何のこと?」となった時のために

今日は塗装で使われる専門用語をご紹介していきます^^

よく聞く「塗膜」って何? 「塗料」は何でできてるの?

【塗膜(とまく)】

塗装した後に形成される塗料の膜のこと。

【塗膜成分(とまくせいぶん)】

樹脂、顔料、添加剤などによる塗膜となる成分。

【樹脂(じゅし)】

塗料において、溶剤などが揮発した後で塗膜を形成する主成分。この樹脂によって塗料の主な性能がきまる。

石油からつくられる樹脂が多いが、天然のものでは亜麻仁油、セラックなどがある。

【顔料(がんりょう)】

塗料に色を付ける成分。その他にも、塗膜に厚みを持たせるものや防錆性を持ったものもある。

【添加剤】

塗料の性能を補助するために加えられる剤。防カビ剤や粘度調整剤、防腐剤など。

 

 

【溶剤】

樹脂を溶かして液状にし、塗料として塗装できる状態にする液剤のこと。希釈にも使われる。

塗装後、塗料中の溶剤が揮発すると、樹脂などの塗膜が残る。溶剤は「水」、「弱溶剤」、「強溶剤」に分類されることが多い。

塗料の名前~前編~

【弱溶剤型塗料】

従来の揮発性の高い溶剤(トルエン・キシレン・エステル・ケトンなど)に対し、消防法による第4類危険物第3石油類などの、より少ない溶剤を使った塗料を一般に指す。

【水性塗料】

揮発性シンナーを用いる代わりに、水で希釈することが出来る塗料の総称。「水系」ともいう。

【エマルション塗料】

水性塗料の代表的な塗料。塗料の主成分である樹脂を水に分散させ、乳化させている。塗装後、水分が抜ければ、水には溶けなくなる。

【含侵塗料(がんしんとりょう)】

木材などの素地にしみ込んで表面に膜をつくらない塗料。

塗膜をつくるものは「造膜塗料(ぞうまくとりょう)」と呼ばれる。

【エナメル】

不透明で顔料を含んだ塗料の総称。

【油性塗料】

動植物性の油脂が主成分の塗料。代表的なものには、俗にペンキと呼ばれる油性調合ペイントがあるが、現在は主成分を合成樹脂調合ペイントをペンキと呼ぶ。

油性塗料の他に、合成樹脂塗料(溶剤系、水系)、酒精塗料、セルロース塗料、漆などがあります。

【ワニス】

木材などの表面に塗る、顔料を入れない透明の塗料ニス、バーニッシュなどとも呼ばれる。使用される成分によって様々な種類があり、セラック、ワニス、スパーワニス、などが代表的。

【クリアラッカー】

ニトルセルロースを主剤とした木材用透明塗料。耐油性、耐摩擦性はあるが、耐熱性にやや劣る。家具、建具などに幅広く用いられている。これに顔料を加えたのがラッカーエナメルである。

【オイルステイン】

木の表面のテクスチャなどを残しながら半透明に着色する油性塗料。

水性やアルコール性のステインもある。

【木材保護着色塗料】

木材の表面に浸透し、塗膜をつくらない着色も兼ねた含侵塗料(がんしんとりょう)。防腐効果のあるものなどがある。

 

今回は、塗料の種類~前編~をお伝えしました!主に塗料の構成成分と木材系用塗料の説明でした。

たくさん種類があるので、次回は外壁塗装時によく聞く塗料をご紹介していきます^^

無料点検受付中

外壁・屋根、防水点検etc...無料点検受付中☆

株式会社技昇 ☎:0120-17-3588

また、こちらからも受け付けております↓↓↓

お問い合わせホーム

公式LINE登録で簡単お問い合わせ☆

外部点検申込

愛媛県で屋根・外壁塗装の事ならお任せください!株式会社技昇は愛媛県内どこでもお伺いします。

塗装のプロがお客様のお家をしっかり点検させて頂き、ご要望にお応えします!

お客様満足度No.1!地域密着型の株式会社技昇は、豊富な経験と優れた技術で

地元のお役に立ちます!

皆さん、こんにちは。

地域密着型塗装店・株式会社技昇です!

雨の日が過ぎて暑いお天気が続いております。蝉も鳴きはじめました!

いよいよ夏がやってきますね!暑さに負けず頑張っていきたいと思います(^^)/

 

点検も続々とご依頼を頂いています!

点検風景

ドローンによる上空点検

上空から全体の状態を確認できます。屋上には何があるのか?劣化具合はどうか?を確認していきます。今回は笠木部分の色褪せが気になりました。

拡大でピンポイント箇所も確認できます

シート防水の部分補修をしているのが分かります。屋外でも強いアルミの防水テープは緊急時の一時的な修繕に最適です。

排水口の汚れ

排水構は雨を建物の側溝に流れ込むよう意図して流す排水路の入り口です。雨によって運ばれた落ち葉やゴミ、土などが集まり、年月と共に詰まる事があります。

軒天部の汚れが観察されました

軒天部の汚れが観察されました。

陸屋根・バルコニー点検のおさらい

陸屋根やバルコニーは、実は雨漏れ原因の上位にくる防水部分なので、しっかりとメンテナンスが必要です。

また、もし雨漏れをしてしまうと、原因箇所の発見は非常に難しくかなりの時間を要する事があります。

こんな症状が見受けられたら注意

☑ふくれ・・・防水層(防水シート等)の下にある水分や空気が日光などで熱せられて膨らんだ状態。膨れた状態では"穴あき"の原因となるので放置は危険です

☑口開き・・・防水層のつなぎ目に隙間ができてしまった状態

☑ピンホール・・・防水層に目に見えないような小さな穴がある状態。確認するためにはピンホール検査をする必要がある

☑チョーキング・・・雨や太陽光にさらされて劣化し表面に粉状のものが出る状態。塗膜防水の劣化に多く見られる。

☑排水溝のつまり・・・屋根やバルコニーの排水溝は、知らず知らずのうちに落ち葉やゴミが蓄積され、排水機能が低下していきます。

雨漏れ原因になりやすい箇所

排水口部

●ゴミ等が詰まり上手く排水が出来なくなると、水が溜まり防水層の切れの原因に。

●また、大雨の水圧で排水の接合部などから水が溢れだし、室内に雨漏りが起ることも

●排水構周りは、紫外線やゴミ、雨水の影響が強くでる箇所と言えます。

立ち上がり部

立ち上がり部分もちょうど角になり、ゴミや汚れ、苔が付きやすい場所となり劣化しやすい場所となっています。

平場

紫外線が多くあたる平場はふくれ、割れ、破れなどが起こりやすい部分となります。

平場

小さな亀裂・爪楊枝ほどの穴開きから雨水は侵入します。

継ぎ目等

屋上防水等は雨が入らないようにつなぎ目の重なり部分を広く取ったり、つなぎ目部分を強い接着で補強をしますが、隙間から水が入ってしまう事もあります。

笠木のつなぎ目

メーカーにもよりますが、大体の家は笠木の下にも被せがあり、すぐに雨が入ることはないと思いますが、笠木の継ぎ目のコーキングのひび割れや立ち上がり部分の吹込みの風雨から雨が入ることもあります。

雨漏れした調査が必要

雨漏れした場合、原因を発見するため散水調査を行います。

 □汚れで亀裂や穴あきが分からないため、きれいにしてから目視調査をする

 □どこから水が入るのか(場所の特定)

 □どれくらいの雨で雨漏りするのか(雨量の特定)

 □どのような角度からの雨で雨漏りするのか(風向きの特定)

雨漏れはただ雨が降って起こるという事ではありません。

雨漏れが起る時もあれば、起こらない時もある。

雨の量や吹込みの雨でも雨漏れが発生するかどうかは違います。原因箇所を特定するためにあらゆる条件を想定して調査を行う必要があります。

事前の食い止めが大切です

雨漏れは「起こってから」ではなく「起こる前」に事前に食い止めることが大切です。

雨漏りすると、家の建材を傷め躯体や断熱材、内装材を修繕をしなければならなくなります。そうなる前に家を守っている外装材(屋根・外壁・バルコニー等)を定期的に点検し、適正時期にメンテナンスをして、事前に雨漏れからお家を守りましょう。

外壁・屋根、防水点検etc...無料点検受付中☆

株式会社技昇 ☎:0120-17-3588

また、こちらからも受け付けております↓↓↓

お問い合わせホーム

公式LINE登録で簡単お問い合わせ☆

外部点検申込

愛媛県で屋根・外壁塗装の事ならお任せください!株式会社技昇は愛媛県内どこでもお伺いします。

塗装のプロがお客様のお家をしっかり点検させて頂き、ご要望にお応えします!

お客様満足度No.1!地域密着型の株式会社技昇は、豊富な経験と優れた技術で

地元のお役に立ちます!

皆さん、こんにちは。

地域密着型塗装店・株式会社技昇です!

雨が止み、暑いお天気になりました☀

熱中症にはどうぞお気をつけください(>_<)

 

*工事完了のお知らせ*

砥部町T様邸の工事が完了いたしました(^^)/

点検時には、屋根部の錆や色褪せ、目地の割れ、サイデイング外壁のひび割れが観察されました。劣化が急速に進行する前のちょうど最適時のメンテナンス塗装をして頂きました^^

色もシックに変わり、新築のようなお家に生まれ変わりました

ご依頼いただき、ありがとうございました!!

 

【住宅情報】

屋根:ガルバリウム鋼板

外壁:サイデイング外壁

目地:シーリング

点検風景

屋根部

色褪せ、汚れ、錆が観察されました。おそらく太陽光の留め具からの汚れが雨だれと共に付着したと考えられます。

外壁部

サイデイングの軽度なひび割れが観察されました。

付帯部

樋の表面塗膜の剥離が観察されました。

目地部

紫外線による硬化等で目地もひび割れをしてきます。軽度なひび割れが観察されました。

施工風景

庇塗装中

樋塗装中

光触媒コーティング中

Before&After

屋根の色褪せ

スレートグリーンで落ち着いた色合いに

目地のひび割れ

シーリングもすべて打ち替え

アクセントバルコニーも素敵でしたが、、、

ダークグレーに統一し近代的で落ち着いたな雰囲気に

ここにしかない技術で長持ち塗装

屋根は弱溶剤無機遮熱塗料で温度上昇の原因となる近赤外線を効果的に反射し太陽光の吸収を抑制、屋内温度の上昇を抑えます。また、外壁は他にはない高耐候多彩塗料に家全体を光触媒コーティングをすることで、更に汚れから家を守り、長期にわたって美しさを持続させる長持ち塗装になります!

お気軽にご相談ください

外壁・屋根、防水点検etc...無料点検受付中☆

株式会社技昇 ☎:0120-17-3588

また、こちらからも受け付けております↓↓↓

お問い合わせホーム

公式LINE登録で簡単お問い合わせ☆

愛媛県で屋根・外壁塗装の事ならお任せください!株式会社技昇は愛媛県内どこでもお伺いします。

塗装のプロがお客様のお家をしっかり点検させて頂き、ご要望にお応えします!

お客様満足度No.1!地域密着型の株式会社技昇は、豊富な経験と優れた技術で

地元のお役に立ちます!

地域密着型塗装店・株式会社技昇です!

愛媛の最北東、上島町にて工事のご依頼を頂きました(^^)/

数ある工事店の中から弊社をご用命頂き誠にありがとうございます!

 

築約80年という事で、歴史ある建物の修繕に携わる事ができ嬉しいです^^

今まで頑張って家を守ってきた瓦とバトンタッチをして、今度は新しいシャープな瓦に模様替えいたします!

ご依頼ありがとうございます!

今まで家を守ってきた瓦たち

既存の瓦や、屋根に負担をかけてた天日を撤去し、防水シートのルーフィング新設や野地板、瓦桟等も交換し、新しく生まれ変わります。

これからも安心してお住まい頂けるよう、しっかりと工事してまいります!

 

 

お仕事ランチ~来島海峡SA~

カツカレー

今治B級グルメ・焼き豚たまご飯?

上島町の魅力

普段なかなか行くことのできない上島町ですが、「ゆめしま海道」が繋がり、とても行きやすくなった魅力的な島です^^

名産としては、魚島の「鯛」や生名島の「活車えび」、岩城島の「レモン」や島の柑橘類は瀬戸内海の潮風を浴びたミネラル豊富な栄養分たっぷりの土のおかげでとっても美味しいそうです

 

愛媛県内どこでもお伺いします

外壁・屋根、防水点検etc...無料点検受付中☆

株式会社技昇 ☎:0120-17-3588

また、こちらからも受け付けております↓↓↓

お問い合わせホーム

公式LINE登録で簡単お問い合わせ☆

愛媛県で屋根・外壁塗装の事ならお任せください!株式会社技昇は愛媛県内どこでもお伺いします。

塗装のプロがお客様のお家をしっかり点検させて頂き、ご要望にお応えします!

お客様満足度No.1!地域密着型の株式会社技昇は、豊富な経験と優れた技術で

地元のお役に立ちます!

モルタル外壁とは?

モルタルとは、砂(細骨材)とセメントと水を練り混ぜてつくった材料で施工した外壁のことです。非常に丈夫なイメージがありますが、実はモルタル自体の防水性能は低く、塗装が防水の役割をしています。塗装が防水の役割をしています。

塗装が劣化してくると、徐々に水分を吸収していき、様々な建物の劣化を招いていきます。

"水"は住まいの大敵です

築5年くらい経って「バキッ ボキッ ミシッ」という音がするのを耳にしていませんか?それは、家の木材が水分を吸って、伸縮したり、反ったりして発生する音です。それにより、モルタル・コンクリート部に亀裂が生じます。いわゆる「ひび割れ」です。ひび割れは道路からの振動や地震で生じたりしますが、外壁からの水分の浸透によっても起こります。

チェック!こんな現象はありませんか?

☑ピンホールの発生

吹付け塗装施工時に、空気を巻き込んでしまい、乾燥過程でその空気が抜ける際に出来る穴のことです。この現象も、防水効果を損なうことになります。

☑塗膜のチョーキング

手に白い粉のようなものがふちゃくした場合は、塗料の防水性が切れるサインです。最も一般的な塗装の寿命が判断できる方法ですので、一度ご自宅で確認してみてください。

☑ヘアクラックの発生

髪の毛のようにほそいひび割れを「ヘアクラック」と言い、このような所から雨水などが浸入していきます。

ひび割れがもたらす漏水による障害

"水"は、住まいにとって大敵です

水は、どんな小さな隙間からも入り込んでいきます。それを防ぐのが「外壁」です。外壁は、雨水など外部からの水の侵入を防ぐとともに、住まいそのものを守るという重要な役割を果たしています。しかし、多くの人はこの「ひび割れ」の恐ろしさを知りません。少しのひび割れから知らず知らずのうちに水が入り込み、確実に壁の内部を蝕んでいきます。その結果、外壁だけでなく、家の柱や天井を腐らせてしますこともあります。

"水"の被害は、それだけではありません

壁に入り込んだ水は、内部の断熱材に溜まり、柱などを腐食させるとともに、喘息やアトピー、アレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA)、過敏性肺臓炎などを引き起こすこともあるコウジカビ「アスペルギルス」を発生させます。また、断熱材に溜まった水は容易に排泄がされす、思いのほか状況の悪化をもたらしている事も少なくありません。断熱材が濡れてしまった場合は、交換をお奨めします。

「住まい」も人の健康と同じように"早期発見"と"早期治療"が大切です

雨漏れは「雨漏れさせない」ことが重要です。

雨漏れを未然に防ぐためには、定期的なお家の点検と適正時期のメンテナンスをすることによって防水機能を維持させることが大切です。

 ☑まだ一度も建物診断をした事が無い方

 ☑10年以上前に塗装をしてから一度も家の状態をみていない方

 ☑塗装をすぐに考えていないけど、将来の塗装を検討している方

 ☑他社で見積もりを出してもらっているけれど、少し不安に思っている方

 ☑汚れや既にひび割れがあるなど、お家で気になる箇所がある方

 etc...

小さな疑問があればお気軽にお問い合わせください。

 

外壁・屋根、防水点検etc...無料点検受付中☆

株式会社技昇 ☎:0120-17-3588

また、こちらからも受け付けております↓↓↓

お問い合わせホーム

公式LINE登録で簡単お問い合わせ☆

愛媛県で屋根・外壁塗装の事ならお任せください!株式会社技昇は愛媛県内どこでもお伺いします。

塗装のプロがお客様のお家をしっかり点検させて頂き、ご要望にお応えします!

お客様満足度No.1!地域密着型の株式会社技昇は、豊富な経験と優れた技術で

地元のお役に立ちます!

皆さん、こんにちは。

地域密着型塗装店・株式会社技昇です(^^)/

東温市のF様邸の外壁塗装防水塗装工事が完了いたしました☆

数ある塗装店の中から弊社にご依頼頂き、誠にありがとうございました!!

点検時には目地のひび割れや外壁のチョーキング現象、軒天や付帯部の色褪せが観察されました。

セラ外壁に対応する専用の下塗り材にて塗料の密着を高め、高耐候多彩塗料にて重厚感のあるデザインに仕上げました(^^)/

点検風景

取り合い部モールの破損が観察されました

外壁と下屋の取り合い部の部材の破損が観察されました。また、目地部のひび割れも観察されました。外壁と屋根の取り合い部分も上から流れ落ちた雨水から守る大事な部分です。

目地の切れ目が観察されました

目地の切れ目が観察されました。

目地部は全て新しく打ち替えしていきます。

目地のひび割れ

窓廻りにも目地が施されています。これらも雨水の侵入を防ぐ大事な目地です。

外壁のチョーキング

外壁の全体的な色褪せが観察されました。

施工風景

下塗り

中塗り

吹き付け中

Before&After

Before

After ダークグレーの落ち着いた色合いになりました

お客様の声

この度は当社をご指名いただき、誠にありがとうございました!

天候にも恵まれ、また大変工事にもご満足いただきスタッフ一同とても感謝しております!
当社の職人さんたちもお客様から
「とても人柄が良い」とよく言われます(^^♪(笑)

工事につきましても最高品質の材料、技術、仕上がりで確実に長持ちする仕様となっております。

今後も安心してお過ごしいただけます。
また何かございましたらお気軽にお声掛けください。

ありがとうございました!
 

お気軽にご相談ください

外壁・屋根、防水点検etc...無料点検受付中☆

株式会社技昇 ☎:0120-17-3588

また、こちらからも受け付けております↓↓↓

お問い合わせホーム

公式LINE登録で簡単お問い合わせ☆

愛媛県で屋根・外壁塗装の事ならお任せください!株式会社技昇は愛媛県内どこでもお伺いします。

塗装のプロがお客様のお家をしっかり点検させて頂き、ご要望にお応えします!

お客様満足度No.1!地域密着型の株式会社技昇は、豊富な経験と優れた技術で

地元のお役に立ちます!

サイディング外壁とは?

かつて日本の住宅では、外壁材といえば木板(下見板)張りがほとんどでした。しかし、戦後の法整備にともない防火上の問題から、モルタル防火造りが多くなり、最近ではより耐火性に優れたパネル壁材として「サイディングボード」が主流になってきました。

サイディングボードは ①施工の手間がかからず、工期が短い ②コストが安いなどの理由から、現在ではハウスメーカーの標準仕様になり大きな発展を遂げています。

日本では次の3つに大別され、それぞれ特徴を持っています。

1.窯業系サイディング

基材のセメントと繊維質材料を高温・高圧で成型したもので、色・柄などのパターンも豊富。軽量気泡コンクリート(ALC)も同様の製品。多くの住宅で採用されている。

2.金属系サイディング

主な原料はカラー鉄板やアルミニウム合金で、窯業系に比べて新築時よりも改装時に用いられることが多い。

3.合成樹脂系サイディング

アメリカン・カナダでは40年以上歴史を持ち、色落ちや変色が少なく、酸性雨にも強く金属系のように錆びる事もない反面、耐火性・耐衝撃性が低く日本のような密集した住宅事情には適さない面もある。

 

現在、外壁として最も一般的に使用されているのが「窯業(ようぎょう)サイディングボードです。窯業系サイディングボードは、メーカーも表示しているように"施工事より5~7年"で表面の防水が劣化し始めます。そのため防水メンテナンスを施すことにより吸水率を一定以下に保ち、ボードの変形や割れの原因となる雨水の浸み込みを予防する必要があります。

ここに注意!

「窯業系サイディングは、半永久的に塗り替えなくて良いから安心だよ」という言葉!安心だと思っている方は、かなり多いとおもいます。しかし、サイディングこそ早めの塗り替えが必要です。

サイディングボードの原料はほとんどがセメントです。塗膜が劣化してしまうと、吸水性が増し、サイディングボードの変形や割れ、冬期には凍結による爆裂(「凍害」)といった破損の原因となります。

 

こんな現象はありませんか?

 □色褪せ・変色が著しい

 □塗膜(塗料が乾いて固まった状態)のはがれや膨れ、ひび割れが目立つ

 □落ちなくなった汚れやカビがある

 □サイディングの目地に隙間やヒビがある

 □日当たりの良い場所のサイディングに触れると白い粉が手に着く

 □下からや側面から見たとき、反りや膨らみがある

 □水をかけると、しっとりと塗れて水を弾かない

□コーキングのひび割れ

意外と見落としがちな目地の"ひび割れ"。目地が剥がれて"すきま"が出来ていることもあります。ここから雨水が浸入する事もありますので、発見したら早期対策をお勧めします。

□塗膜のチョーキング

"塗装の膜"による防水効果が失われると、窯業系サイディングの場合、雨水が浸み込むようになります。チョーキング現象は防水効果が失われているサインです。

□反り・膨らみによる"すき間"

サイディングボード自体に水が浸み込むと反りや膨張の原因になります。早め早めの点検補修をしましょう。

サイディングを長持ちさせるチェックポイント

Q:サイディングは「塗り替えなくても良い」って本当?

A:大切なお住まいを長持ちさせるには、塗装・補修は重要です。

窯業系サイディングの場合、製造時の塗装は9割が耐用年数約7年前後(立地環境によって異なる)のアクリル系樹脂塗料を使用しています。有機系の高耐久性塗料が使われている金属系のものでも、耐用年数は10年前後です。

塗装には、美観上の役割のほかにサイデイングを太陽の紫外線や雨水などの外的環境から保護する重要な役割があります。そのため塗料の防水効果が減退してくると、雨水の浸み込みや錆などの腐食を防ぐ意味で、塗り替えは必要になってきます。

 

Q:目地のひび割れが起ったらどうなるの?

A:漏水や滑落事故につながります

塗膜には問題がなくても、サイデイング自体の吸水による膨れ・ひび割れ・剝れ・反りなどの傷みを誘発し、漏水の原因になるだけでなく、膨張による重さが原因の滑落事故や、凍結によるサイデイングボードの爆裂(氷点下で発生)といったことも実際に起こっています。傷みが大きくならないうちに補修を検討される方が良いでしょう。早め早めの対策がお住まいを長持ちさせる重要なポイントです。

まずはプロによる建物診断から始めましょう

外壁・屋根、防水点検etc...無料点検受付中☆

株式会社技昇 ☎:0120-17-3588

また、こちらからも受け付けております↓↓↓

お問い合わせホーム

公式LINE登録で簡単お問い合わせ☆

愛媛県で屋根・外壁塗装の事ならお任せください!株式会社技昇は愛媛県内どこでもお伺いします。

塗装のプロがお客様のお家をしっかり点検させて頂き、ご要望にお応えします!

お客様満足度No.1!地域密着型の株式会社技昇は、豊富な経験と優れた技術で

地元のお役に立ちます!

皆さん、こんにちは。

地域密着型塗装店・株式会社技昇です(^^)/

松山市のM様邸の屋根外壁塗装工事が完了いたしました!

 

点検時は、全体的な色褪せや、カビや苔等の汚れの付着、外壁タイルの割れ等が観察されました。

今回、屋根はフッ素遮熱塗料により熱の侵入を抑え暑さを軽減。屋根の色彩・光沢を長期間保持します。外壁は下処理にエポキシ系微弾性フィラーで外壁素地補強を向上させ、塗装面に対する付着性を高めた上でラジカル制御塗料で塗膜の劣化を押さえる長持ち塗装をしました。

1階外壁部分のタイルの割れもしっかり修繕させていただきました!

また、窓の面格子新設工事もさせていただきました^^

防犯対策にぜひいかがでしょうか?

点検風景

屋根の色褪せ、カビ・苔の発生

外壁部の色褪せ

目地部のひび割れが観察されました

外壁タイル部の割れが観察されました

施工風景

塗装後の光触媒塗布

付帯部の錆止め

細かいところも錆止め作業

目地部のシールの打ち替えもしっかり行います

Before&After

外壁も明るく

スーパー遮熱塗料で暑い日差しから守ります

タイル割れ部も交換

目地部も全て打ち替えし、ひび割れがなくなりました

窓の面格子も設置しました!

お客様の声

M様、この度は屋根外壁塗装工事のご依頼をいただきありがとうございます!

3社相見積もりでしたが、当社を選んで下さり感謝しております✨
屋根外壁共にしっかりと手を入れて仕上げていますので、確実に長持ちすることと思います。

また何かありましたらお気軽にお声掛け下さい。
今後とも引き続き宜しくお願いいたします。
スタッフ一同。

安心施工をお届けします!お気軽にお問い合わせください

外壁・屋根、防水点検etc...無料点検受付中☆

株式会社技昇 ☎:0120-17-3588

また、こちらからも受け付けております↓↓↓

お問い合わせホーム

公式LINE登録で簡単お問い合わせ☆

愛媛県で屋根・外壁塗装の事ならお任せください!株式会社技昇は愛媛県内どこでもお伺いします。

塗装のプロがお客様のお家をしっかり点検させて頂き、ご要望にお応えします!

お客様満足度No.1!地域密着型の株式会社技昇は、豊富な経験と優れた技術で

地元のお役に立ちます!

皆さん、こんにちは。

地域密着型塗装店・株式会社技昇です(^^)/

 

7月に入り毎日暑い日が続きますね。皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

猛暑で外の仕事はとても大変ですが、現場でも暑い中スタッフ一同頑張っております!

そんな中で、嬉しいお話がありました^^

現場スタッフがお客様から素敵なプレゼントを頂きました(^^)/☆

 

今治市で塗装工事に入らさせて頂いているT様より、お客様手作りの食器をプレゼントして頂きました!!

柔らかい色とお花の模様がとっても素敵です

釣り好きのスタッフが釣った魚のお刺身を盛りつけそうです( ̄▽ ̄)♬

素敵なお心遣い本当にありがとうございました!!

 

今後もお客様の喜ぶ顔のために一同励んで参ります!!

お気軽にお問い合わせください☆

外壁・屋根、防水点検etc...無料点検受付中☆

株式会社技昇 ☎:0120-17-3588

また、こちらからも受け付けております↓↓↓

お問い合わせホーム

公式LINE登録で簡単お問い合わせ☆

愛媛県で屋根・外壁塗装の事ならお任せください!株式会社技昇は愛媛県内どこでもお伺いします。

塗装のプロがお客様のお家をしっかり点検させて頂き、ご要望にお応えします!

お客様満足度No.1!地域密着型の株式会社技昇は、豊富な経験と優れた技術で

地元のお役に立ちます!

皆さん、こんにちは。

地域密着型塗装店・株式会社技昇です(^^)/

ところで、皆さん、弊社代表が5月に出演した南海放送ラジオの「社長のミカタ」は視聴頂きましたでしょうか!?

まだの方はこちらからご視聴頂けます^^

その中で、代表が「マグロを釣りたい」と言ってましたが、

本当に釣りあげました!!!!!

大間のマグロ70㎏です!!!!!

驚きですっ(=゚ω゚)ノ

 

詳しく聞きたい方は代表に聞いてみてください(^^)/

釣果

一投目らしいです

大間のクロマグロ

無料点検受付中☆

外壁・屋根、防水点検etc...無料点検受付中☆

株式会社技昇 ☎:0120-17-3588

また、こちらからも受け付けております↓↓↓

お問い合わせホーム

公式LINE登録で簡単お問い合わせ☆

愛媛県で屋根・外壁塗装の事ならお任せください!株式会社技昇は愛媛県内どこでもお伺いします。

塗装のプロがお客様のお家をしっかり点検させて頂き、ご要望にお応えします!

お客様満足度No.1!地域密着型の株式会社技昇は、豊富な経験と優れた技術で

地元のお役に立ちます!

皆さん、こんにちは。

地域密着型塗装店・株式会社技昇です(^^)/

今週いっぱいは晴れ間が続きそうな愛媛県です!

 

さて、今回はセメント瓦のおさらい!

皆さんはご自宅の瓦が何瓦かご存知でしょうか??

屋根瓦のひとつ、「セメント瓦」について解説していきます^^

セメント瓦とは?

セメント瓦とは?

セメント瓦とは、セメントと川砂を重量比1:2~1:3で固練りに混ぜてモルタルを型に入れて成形したもので、形状により、和形、洋型、S型等の種類があります。

特徴は?

セメント瓦もカラーベスト同様に、それ自体には防水機能がほとんどありません。また塗料で着色するので、どんな色にもすることが出来、家の形や壁の色に合わせて変えることが出来ます。ただ、経年によってセメントの劣化が進み、瓦が「スカスカ」になり、色落ちし、表面が劣化してきます。

こんな現象ありませんか?

塗膜の劣化・剝れ

コンクリート瓦の塗料がはがれたケースです。塗膜の劣化が著しい場合や塗装方法に問題がある場合、塗装後2~3年で塗料がはがれる恐れがあります。また、酸性雨や紫外線等により、劣化して色が褪せると、外観が損なわれるだけでなく、下地のセメントが露出し、石灰分が流れてしまい、瓦そのものも劣化してしまいます。

カビ・コケの発生

ホコリや土などが表面に蓄積し、カビや苔が発生しているケースです。一旦発生すると、更にホコリが蓄積しやすくなるため、早めのお手入れが肝心です。また、毛細管現象により、重なり部分に発生したカビや苔が瓦の裏へ水を運び、雨漏りの原因になります。さらに下地を腐らせ、建物の構造体を傷める恐れがあります。

瓦のひび割れ

何らかの衝撃が原因で起こるケースです。よくある例はアンテナ取り付けや補修時に衝撃が加わり、割れる場合があります。職人の点検が鉄則ですが見落としがよくあります。また、構造の際の小さなヒビに水が入ったり、瓦を固定するための釘が錆びるときに膨張することでできる割れなどが原因です。脱落だけでなく、雨漏りの大きな要因につながります。

モニエル瓦の塗装は要注意!

乾式洋瓦は経年変化により、表面の着色セメント層が傷んできます。この着色セメント層のことをスラリー層「ドロドロとした粥状の層」と言うのですが、水に濡れると、どろどろした粥状になります。以前はこの上に塗装をすると剥がれ等が起きるトラブルが多く、乾式洋瓦には塗装が出来ないとの見解でしたが、スラリー層を固める水性2液型エポキシ樹脂シーラーという下塗り材が出来てからは、塗装可能になりました。

表面の劣化したスラリー層は出来るだけ取り除くのが最も大切です。

屋根工事のポイント

屋根工事等の見極めのポイントは、雨漏れしている 雨が漏りそう 美観上の塗装替えをしたい等があります。

雨が漏る原因は ①瓦が割れる、②瓦自体が水を通過してしまう、③瓦がずれる、④瓦の下の防水シートが破れている。

①や④の原因では材料の取り替える必要がありますので、葺き替えとなります。②の原因なら塗装替えも有りますが、通常、モニエル瓦はセメント成分だけで漏水する事は考えられません。

モニエル瓦の塗装については漏水よりも美観上の問題と、瓦そのものの耐久性を増すための行為と考えてください。いくつかの業者にそれぞれの観点から説明を受けられ、納得の出来る業者に工事をお願いしましょう。

外壁・屋根、防水点検etc...無料点検受付中☆

株式会社技昇 ☎:0120-17-3588

また、こちらからも受け付けております↓↓↓

お問い合わせホーム

公式LINE登録で簡単お問い合わせ☆

愛媛県で屋根・外壁塗装の事ならお任せください!株式会社技昇は愛媛県内どこでもお伺いします。

塗装のプロがお客様のお家をしっかり点検させて頂き、ご要望にお応えします!

お客様満足度No.1!地域密着型の株式会社技昇は、豊富な経験と優れた技術で

地元のお役に立ちます!

皆さん、こんにちは。

地域密着型塗装店・株式会社技昇です(^^)/

昨日まで降り続いた雨と打って変わって本日は晴れ!猛暑です(>_<)

皆さん大丈夫でしょうか??

これから本格的に暑くなるので、熱中症対策をしっかりして乗り切りましょう!

 

さて、今回はお家によって違う「屋根」。

塗装が必要な屋根材のおさらいです!

スレート瓦葺き屋根

スレート瓦葺き屋根とは?

スレート瓦とは、セメントと石綿(アスベスト)を約85:15の割合で混合して作られた厚さ4.5mm程の薄い瓦のことです。メーカーによって、「コロニアル」や「カラーベスト」と呼ばれています。1961年頃から発売され、クボタ、ナショナル、浅野スレート等のメーカーが製造していました。

※現在製造のスレート瓦はアスベストを使用しておりません。

特徴は?

日本瓦に比べ「軽量で施工がしやすい」「値段がお手頃」のため一般的に多く使われていましたが、「踏み割れ」や「ヒビ・コケ」などによって生じた雨漏りにより、20年を過ぎた頃から下地板(野地板)が傷み始めるケースがよくあります。また、スレート瓦の防水能力は表面に塗布された塗装皮膜に依存しているため、定期的な塗装による防水メンテナンスが必要となります。(新築時の塗装はアクリル塗装で耐久年数は約7年前後と言われています)

スレート瓦葺き屋根の構造

アスベスト

アスベストの語源は「消し尽くせない」を意味するギリシャ語。この語源の通り、耐火に優れ、半永久的に劣化せずに存在し続けながら天然鉱物で安価という意味では、代替品が存在しない優れた素材が「アスベスト」です。

メーカー名で「コロニアル、カラーベスト」という名前がで一般的に販売されていました。アスベストを含む屋根は塗膜が剥げると白く見えることもあります。コロニアル製品はスレート屋根の約9割と言われております。

スレート屋根の張替えは作業性の危険や厳重な廃棄方法をしなければいけないため、現在の技術で最良な方法は新たに屋根材を被せる工法か塗装にて塗替えをする方法です。5年以上経過しているスレート屋根材は、劣化する前にどちらかの方法でメンテナンスする事をお奨めします。

スレート瓦葺き屋根の劣化

●「たかがコケ・・・」と思っていたら大変なことに!

 セメントと石綿が主原料の「スレート瓦」は、表面に塗布されている防水塗料が劣化し始めると、雨水が瓦自体に染み込んでしまいます。そのため日陰になりやすい北側の屋根などは、「コケ」の生育に適した場所(条件)になってしまうのです。

●スレート瓦の「防水効果」って弱くなっていくものなの?

 「スレート瓦」の防水性が劣化し始めると、コケの発生だけでなく、「割れ」や「下地の反り」を誘発するおそれがあります。例えば、瓦が水を含んだまま凍ってしまったり(冬)、夕立の後の晴れ間に強い日差しで急激に乾燥したり(夏)、といった条件下で発生します。

 

☑チェックポイント

 普段、あまり目に付くことのない場所ほど、知らず知らずのうちに痛みが進んでいるもの。屋根の上は、まさにそういう場所です。とは言え、ご自分で屋根の上に上がって見るのは大変危険。特に汚れがついた瓦は大変滑りやすくなっています。そのためには、家についての知識豊富な専門家に点検してもらうことをおすすめします。

 

●屋根の上にこんなに隙間があったなんて!

 鉄板のつなぎ目などから雨水が入らないように隙間を埋めるコーキング材。重要な役割を担っているコーキング材が剥がれると、劣化は急速に進みます。雨風や紫外線をまともに受ける屋根の上は、住宅の中で最も速く傷みが進む場所の一つです。

●「釘抜け」現象

 屋根は鉄釘を使っている部分が多く、年数が経つごとに徐々に抜けてくる場合があります。これらを放置しておくと棟押さえの外れやサビの原因になります。また、いつの間にか下地材がむき出しになっていたというケースも・・・。

 

☑チェックポイント

 外敵から家を守る屋根には、意外と障害が多いものです。梅雨や台風シーズンの前には一度点検しておいた方が良いでしょう。また、家全体の定期的な健康診断も必要です。新築から3年目・5年目・7年目を目安に、総点検をおすすめします。人も家も早期発見・早期治療が寿命を延ばす重要なポイントです。

 

まとめ ~スレート瓦のQ&A~

Q:天井にシミのようなものが出て雨漏りしているようなのですが、自分で確認する方法はありますか?

A:天井のシミは雨漏りが原因とは限りません。危険防止のためにも信頼できる専門家に任せるのがベストです。

 「天井のシミ」のすべてが「雨漏りが原因」とは限りません。例えば、天井裏に溜まった湿気が結露となってにじんできた、動物等の排泄物の跡などということもあります。いずれにしても、水分によるシミには変わりませんので、天井裏の柱、外壁と内壁との間などの腐食やカビの発生の原因となり、住宅はもとより、家族の健康にも影響を与えかねません。他にも、外壁からの雨水の浸み込み、雨樋の劣化、破損、防水器具の劣化や施工の不備など様々なケースが考えられますので、シミや雨漏りの原因を一般の方が判断するのは難しいでしょう。ご近所やお知り合いの方に尋ねるなどして、信頼できる業者に点検してもらうのが一番です。

 

Q:屋根を近くで見ることが出来ないので、傷みを確認できないのですが、自分で傷みを調べる方法はありますか?

A:屋根を見下ろせる高い建物から確認する方法もありますが、専門家に任せるのが一番です。

 何といっても、屋根の傷み具合をみるには、屋根に登ってみるのが一番です。とはいっても、自分で屋根に登るのは危険です。万が一のことがあれば、屋根のメンテナンスどころではなくなってしまいます。また、近くに屋根の見下ろせるくらいの建物があれば、そこから双眼鏡などで確かめるのも方法の一つです。但し、屋根の傷みは潜在的に進行することが多く、気づいたときにはすでに手遅れというケースも少なくありません。専門家による定期的な点検、診断が重要視されるのはこのためです。弊社では、高画質高倍率ズーム掲載のドローンによって屋根に登ることなく、安全に点検をすることができます。

 

点検の結果(診断)、説明を十分に受け、理解した上でどのように改善していけばよいのかということを、いくつかの改善点を求め、その中から判断、決定することが大切です。

お気軽にご相談ください

外壁・屋根、防水点検etc...無料点検受付中☆

株式会社技昇 ☎:0120-17-3588

また、こちらからも受け付けております↓↓↓

お問い合わせホーム

公式LINE登録で簡単お問い合わせ☆

愛媛県で屋根・外壁塗装の事ならお任せください!株式会社技昇は愛媛県内どこでもお伺いします。

塗装のプロがお客様のお家をしっかり点検させて頂き、ご要望にお応えします!

お客様満足度No.1!地域密着型の株式会社技昇は、豊富な経験と優れた技術で

地元のお役に立ちます!

皆さん、こんにちは。

地域密着型塗装店・株式会社技昇です(^^)/

 

「梅雨」ですね。雨ばかりが降っている季節です。

梅雨が終わるとやがて夏が来ます。夏と言えば、「紫外線」「高温」。

みなさん、「太陽(紫外線)」「雨(水)」「熱」これらは塗膜にダメージを与える3大劣化要因と言われています。

ご存知ですか?屋根の過酷な環境について

同じ建物でも、屋根と外壁の環境は全く違います。

太陽光(紫外線)

屋根は外壁と比べて紫外線の量は約3倍!

雨(水)

屋根は外壁と比べて水が当たる割合も多いです。

屋根の上の熱量は外壁と比べて約1.5倍!

思った以上に屋根の環境は過酷であることが分かります。そして、屋根の塗料を選ぶ時はこれらの劣化要因に対抗できる塗料を選ぶ事が大切になってきます。

もしも、屋根の塗膜がなくなり保護機能が喪失したら?

起こりうるリスク

苔・藻・カビ

築10年以上の屋根には苔・藻・カビが発生している事が多く、放置すると常に湿気を帯びている状態になり、下地の劣化が加速されます。

☆Point☆

屋根の塗膜は約7年経過した頃から劣化し始めています。メンテナンスでは、高耐候性・高遮熱性の塗料での保護塗装が重要です。

雨漏り

塗膜劣化が進むと、本来の防水機能が大幅に低下してきます。その場合、素地自体を傷め、雨漏りが発生する場合も。

☆Point☆

屋根下地自体の防水機能の回復が最優先事項です。タスペーサー等を活用したしっかりとした雨仕舞いが必要です。

屋根塗装には慎重さが必要です。

塗装前の屋根の状態は様々です。

●面によって劣化具合が異なる

同じ建物でも降り注ぐ紫外線量によって南面・北面などで程度が異なります。総じて南面や西面が酷い場合が多いでしょう。

●同じ面でも劣化具合が異なる

黒い部分は既存旧塗膜・・・下塗りの下地への吸い込みは軽い。

白い部分は下地素地が露出・・・下塗りの下地の吸い込みが激しい、一度塗りで止まらない場合も。上塗りに影響を及ぼしやすい劣化要因の一つ。

屋根の塗装には、①浸透力の見極め ②塗布回数の見極め ③下塗り塗料の選定 がポイントになってきます。本来の上塗り機能が十分に発揮できる下地環境の構築と専用下塗り塗料が、施工品質を向上させます。

スレート屋根からの雨漏りを防ぐために

スレート屋根の構造

スレート瓦は、瓦と瓦の縦のつなぎ目から入った雨水を下の瓦が受け止め、瓦の重なり部分の隙間から水を排出する事により、野地板や屋根裏への水の侵入を防ぎます。

屋根の塗り替えで臼の排出口がなくなることも

塗り替えをしたとき、瓦の重なり部分に塗料が溜まり固まると、雨水の排水口がなくなり水が毛細管現象で逆流してしまうこともあります。そのため、溜まった塗料に切り込みを入れ、雨水の排水口を作る「縁切り」という作業を行う必要があります。塗装の専門職であれば常識的な知識ですが、一般のお客様は知らずにご自身で塗装をして、雨漏れに繋がったというケースもお聞きします。

縁切りは「タスペーサー」がお勧め

タスペーサーは瓦と瓦の重なり部分に挿入する基材です。これにより重なり部分の隙間を確保し、塗料の溜まりによって発生する野地板や屋根裏への雨水の侵入を防ぎます。また、皮スキやカッターを使った作業は縁切りの作業手間がかかりますが、タスペーサーは差し込むだけなので、簡単に美しく仕上げることができます。

まとめ

年々強さが増す紫外線や温度、また豪雨などからも私たちを守ってくれる「屋根」。しかし、その機能が失われると屋根自体を傷める原因となります。傷んでしまった屋根は雨漏れなどの被害に合い、家の内部まで修繕しなければならない事態に陥ります。

そうなる前に、屋根の状態を見極め適切な塗料・適切な処置で大切な屋根を守りましょう。また。屋根作業は非常に危険ですので、ご自身で対処せず専門家に見てもらいたいプロの業者さんにお任せしましょう。

外壁・屋根、防水点検etc...無料点検受付中☆

株式会社技昇 ☎:0120-17-3588

また、こちらからも受け付けております↓↓↓

お問い合わせホーム

公式LINE登録で簡単お問い合わせ☆

愛媛県で屋根・外壁塗装の事ならお任せください!株式会社技昇は愛媛県内どこでもお伺いします。

塗装のプロがお客様のお家をしっかり点検させて頂き、ご要望にお応えします!

お客様満足度No.1!地域密着型の株式会社技昇は、豊富な経験と優れた技術で

地元のお役に立ちます!

皆さん、こんにちは。

地域密着型塗装店・株式会社技昇です(^^)/

今回は、愛媛県の最北東・上島町に行ってまいりました!

築80年のお客様からの雨漏れの点検依頼です☆

生口島から船に乗り、岩城島ー生名島ー佐島を経由して弓削島へと伺いました^^

ご依頼ありがとうございます!

愛媛の最北東、上島町。

点検風景

ドローンによる屋根点検

築80年だそうです!やはり陶器の瓦の持ちは凄いですね^^しかし、80年はやはり経年劣化もそろそろの年代でしょうか、、、

瓦状態

所々瓦の補修跡、汚れが観察されました。

漆喰部分の劣化が観察されました。漆喰は瓦と下地を守る大事な部分になります。

室内天井の雨漏れが観察されました。

こんな症状があったら雨漏りしているサイン

 ☑天井・壁紙・床が濡れている

 ☑天井や壁に水が染み込んだり濡れた跡がある

 ☑クロスに染みの跡がある、膨れなどがある

 ☑天井や壁や床が濡れて波打っている反りかえっている

 ☑室内や押し入れの一部、玄関などにカビが生える

 ☑天井から水の滴る音がする

おかしいかな?と感じた時は早めの対処をするようにしましょう。

雨漏りを放置すると、家の寿命を短くしてしまうことになり、大変危険です!

何となく雨漏りをしていると感じたり、見えたり、困っていたりしても、大したことないとそのままにしておくと大きな問題へと発展してしまう恐れもあります。雨漏りの初期症状を発見した際は、業者へ連絡しましょう。

お気軽にお問い合わせください

外壁・屋根、防水点検etc...無料点検受付中☆

株式会社技昇 ☎:0120-17-3588

また、こちらからも受け付けております↓↓↓

お問い合わせホーム

公式LINE登録で簡単お問い合わせ☆

愛媛県で屋根・外壁塗装の事ならお任せください!株式会社技昇は愛媛県内どこでもお伺いします。

塗装のプロがお客様のお家をしっかり点検させて頂き、ご要望にお応えします!

お客様満足度No.1!地域密着型の株式会社技昇は、豊富な経験と優れた技術で

地元のお役に立ちます!

皆さん、こんにちは。

地域密着型塗装店・株式会社技昇です(^^)/

今回は新居浜市I様邸の外部点検を行いました!

築20年前後、屋根は陶器瓦なので瓦の塗り替えは必要ありませんが、板金などの色褪せが観察されました。

どんな症状があるのか見ていきたいと思います。

点検風景

屋根全体

瓦の割れやズレはありませんでした。陶器なので塗装は必要ありません。

板金部分

板金部分の色褪せが観察されました。

トップライト

トップライトの水切り部分の鉛板の色褪せも観察されました。塗装できる素材のものは塗装をして錆などを防ぎます。

目地部

水平部の目地の切れが観察されました。水平目地は1階と2階をつなぐ大事な部分にります。

外壁の凍害

外壁の欠けが観察されました。

チョーキング現象

外壁部のチョーキングが観察されました。

Point!

トップライトのエプロンは鉛板などが使われていますが、水切り部分同様塗装ができる素材の場合はキレイに塗装をして腐食を防ぎます。エプロン部の腐食は穴あきしてしまったり破れると雨漏れの原因になります。また、めくれ等の変形も内部の水の侵入の恐れがありますので点検メンテナンスをしましょう。

Point!

サイディング表面に雨水・融雪水等が伝い、冬季に凍結融解を繰り返すと「凍害」といって外壁が劣化し、 塗装がボロボロに剥がれたり、外壁材が割れてしまう現象がおこります。

凍害の起こりやすい場所

・屋根軒先と外壁の取り合い部

・下屋と外壁の取り合い部

・軒ゼロの通気不良による凍害

・開口部まわりの凍害

・水平水切りや土台部の凍害

等があります。

凍害の原因の多くは、外壁表面の塗膜劣化によるものなので、ひび割れや剥がれが小さいうちにパテなどで補修し、外壁全体を塗り替えるのがおすすめです。

まとめ

このように、点検をしてお家の状態や確認箇所はお客様のお家によって違ってきます。

メンテナンス方法も状況によって違ってくるため、

 ☑うちの点検はどこを見ればいい?

 ☑メンテナンスはどうしたらいいんだろう?

 ☑他社に点検してもらったけど不安

と気になるお客様はぜひお気軽にお問い合わせください(^^)/

点検のプロが一軒一軒お客様のお家に合った点検・診断をさせていただきます。

外壁・屋根、防水点検etc...無料点検受付中☆

株式会社技昇 ☎:0120-17-3588

また、こちらからも受け付けております↓↓↓

お問い合わせホーム

公式LINE登録で簡単お問い合わせ☆

愛媛県で屋根・外壁塗装の事ならお任せください!株式会社技昇は愛媛県内どこでもお伺いします。

塗装のプロがお客様のお家をしっかり点検させて頂き、ご要望にお応えします!

お客様満足度No.1!地域密着型の株式会社技昇は、豊富な経験と優れた技術で

地元のお役に立ちます!

皆さん、こんにちは。

地域密着型塗装店・株式会社技昇です(^^)/

足場を立てて、塗装工事で一番初めにして一番大切な工程「高圧洗浄」について

今日は秘密を公開していきたいと思います!

「なぜ、塗装の前には必ず高圧洗浄を行うのか?」詳しくみていくと、時々うっかりやっ(ー_ー)!!てしまう、お客様自身での洗浄(ー_ー)!!の落とし穴についても納得することがわかります!

ぜひ参考にしてみてください^^

なぜ、高圧洗浄をするの?

【洗浄の目的】

塗装の前に必ず行う、「高圧洗浄」。ただの洗浄ではなく、その圧力は約150キロ(15Mpaメガパスカル)もの洗浄力があります。家庭用の高圧洗浄機が約90キロ(9Mpa)前後なので、とても強い圧力だという事がわかります。

塗装前に高圧洗浄を行う目的はいくつかあります。

 □砂やほこり、雨筋や排気ガスなどの汚れを落とすため

 □傷んだ旧塗膜(剥がれた塗膜やチョーキング)などを落とす

 □コケや藻、カビを落とす

このように屋根や外壁に付着した汚れを綺麗にする役割があります。

水だけでは落ちない強めのコケ・藻・カビなどは、洗浄剤を使用する高圧洗浄「バイオ洗浄」で落とすことが出来ます。お家の状態をみて判断していきましょう。

チョーキング現象

雨だれ汚れ

汚染付着

塗装前に高圧洗浄をしないとどうなるの?

では、もしも高圧洗浄をせずに塗装をするとどうなるのでしょうか?

●塗料がうまく付着しない→ほこりやゴミが邪魔をする、旧塗膜から一緒に新しい塗膜も剥がれる

●塗りムラが出来る→汚れでムラができてしまう

●数年後に膨れや汚れが発生する→旧塗膜の汚れやカビが悪さをする

このように、様々な不具合が生じる場合があります。

 

以前、塗装は女性のお化粧と一緒☆」でもお伝えしましたが、女性がお化粧の前に洗顔、保湿をするのは余分な皮脂や汚れを落とし、お化粧ノリをよくするためです。洗顔をせずにお化粧をしてもキレイに仕上がらないのと同じで、お家の塗装も高圧洗浄をせずに汚れが付着したまま塗料を塗ってもキレイに仕上がりません。

そして、ここでお話しているように高圧洗浄は塗装の前に行います。

よくお客様ご自身で家の黒い汚れや藻が気になり家庭用高圧洗浄機でお掃除をされる方がいらっしゃるのですが、これは一時的に表面の汚れは落としても、塗料の機能成分まで一緒に落としてしまい、余計に汚れが付く原因になることがあるので適切な時期でない高圧洗浄はお勧めしません(>_<)

女性の洗顔も、洗顔のみで何も処置をしないままだとお肌の水分が飛んでいき乾燥で肌荒れの原因となってしまいます(×_×)

また、水圧や水の当て方によっては外壁を傷めたり、窓から水が入ってしまうので高圧洗浄はプロにお任せすることをお勧めいたします。

高圧洗浄風景

屋根洗浄。瓦の汚れが落ちているのが分かります^^

外壁洗浄。外壁を洗浄しやすいショートガンを使って洗浄しています。

現場によって洗浄方法を使い分けています^^

高圧洗浄工事の疑問にお答え!

Q1:塗装と同じで雨の日は高圧洗浄はしませんか?

A1:雨の日でも行います!カッパを着て濡れながら作業を行います!足場工事と水洗いは雨の日でも入る工事になります。

 

Q2:窓を開けられますか?

A2:洗浄は家全体を行います。窓付近から水が入ってしますので、洗浄中の数時間、窓は閉めて頂くようお願いをしております。

 

Q3:ベランダに洗濯物を干しておいてもいい?

A3:洗浄中の水は思った以上に飛散をします。バルコニーやベランダ内も洗浄する場合があるので、高圧洗浄中は外に洗濯物を干すことはできません。

 

Q4:高圧洗浄中の音はしますか?

A4:高圧洗浄中は、機械の駆動音、水が噴き出す音や対象物に当たる洗浄音がします。気になる方は事前にご相談ください。

 

Q5:高圧洗浄の作業時間はどれくらい?

Q5:お家の大きさや形状、落とす必要があるもの(汚れ、旧塗膜、コケ・藻・カビ等)の内容や程度によって異なりますが、一般に2時間半~3時間程度、大きいお家だと午前中とお昼に少しかかる場合があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

何気なく工事の中に含まれている「高圧洗浄作業」ですが、塗料のノリを良くして塗装をキレイに仕上げるため、不具合から守り耐久性を維持するために必要な作業になっていたんですね。

また、洗浄の「タイミングと方法」の重要性も大切であると知って頂ければ嬉しいです^^

高圧洗浄を使わずにコケや藻を落とす方法もありますので、気になる方はぜひ事前にご相談ください。

外壁・屋根、防水点検etc...無料点検受付中☆

株式会社技昇 ☎:0120-17-3588

また、こちらからも受け付けております↓↓↓

お問い合わせホーム

公式LINE登録で簡単お問い合わせ☆

愛媛県で屋根・外壁塗装の事ならお任せください!株式会社技昇は愛媛県内どこでもお伺いします。

塗装のプロがお客様のお家をしっかり点検させて頂き、ご要望にお応えします!

お客様満足度No.1!地域密着型の株式会社技昇は、豊富な経験と優れた技術で

地元のお役に立ちます!

皆さん、こんにちは!

地域密着型塗装店・株式会社技昇です(^^)/

松山市で屋根塗装・外壁塗装をお考えの方必見☆!!

松山市の補助金「わが家のリフォーム応援事業」の2期募集が7月の中旬に始まります!

 ☑松山市で屋根塗装・外壁塗装を検討している方

 ☑1期で応募ができなかった方

 ☑これから塗装を考えている方

 ☑昨年塗装を考えていたけど補助金が利用できなかった方

ぜひぜひ、お気軽に応募ください^^

 

●「わが家のリフォーム応援事業」とは?

安心、安全で、誰もが永く暮らし続けられる住まいづくりを応援するため、松山市が実施するリフォーム応援事業補助金です。

 

 補助金で、大切なお家を長持ち塗装しませんか?

松山市に住宅を所有し、住んでいる方対象^^

松山市に住宅を持ち、居住している方であれば対象になります☆

8月7日(水)までに事前申請が必要になりますので、お早めの検討をお勧めします!

工事期間の目安は今年の10月~来年の1月いっぱいまでに工事が出来る方になります。

弊社でも第1期の募集で多くの方を担当させていただきました^^

 

補助金代行いたします!

補助金の申請には以下の書類が、抽選までの①事前申請・抽選後の②本申請・工事完了後の③実績報告と申請が必要になります。

しかし、なかなか個人で行うのは難しいですよね(^_^;)

株式会社技昇では、これらの申請を代行で行っております!

もちろん、どうしてもご本人様に用意して頂けなければいけない書類もありますが、申請用紙の準備や必要事項の記入方法、工事の写真撮影、市役所への申請等、一貫して手続きをさせていただきます。

 

【事前申請】

  1. 補助金交付事前申請書
  2. 補助対象工事の見積書のコピー
  3. 委任状(事前申請用) ※代理人が事前申請を行う場合

【本申請】

  1. 補助金交付申請書(様式第1号)
  2. 住民票の写し【コピー不可】
  3. 松山市税を滞納していないことを証する書類(完納証明書)【コピー不可】
  4. 登記事項証明書(建物)【コピー不可】
  5. 確約・同意書(様式第2号)
  6. 補助対象工事の見積書【原本】
  7. 補助対象工事の内容が確認できる平面図【全階】
  8. 補助対象工事を行う住宅の全景及び施工予定箇所の写真
  9. 対象住宅の位置図
  10. 委任状(本申請用) ※代理人が本申請を行う場合
  11. 耐震性を証明する書類 ※昭和56年5月31日以前着工の住宅のみ
  12. 移住者加算に関する誓約・承諾書
  13. 空き家バンクに登録していたことを証明する書類 ※10~13については該当する場合のみ提出 

【実績報告】

  1. 実績報告書(様式第6号)
  2. 完成届(様式第7号)
  3. 補助対象工事の施工中及び施工後の施工箇所の写真
  4. 工事請負契約書又は請書の写し ※請書は発注書と受注者(請書)のワンセット(請書のみは不可)
  5. 補助対象工事に係る領収書の写し

 

全ての書類の提出が必要というわけではなく、お客様によって必要な書類が変わってきますので、その都度こちらからご案内させていただきます。

分からない事は何でもお気軽にご相談ください☆

外壁・屋根、防水点検etc...無料点検受付中☆

株式会社技昇 ☎:0120-17-3588

また、こちらからも受け付けております↓↓↓

お問い合わせホーム

公式LINE登録で簡単お問い合わせ☆

愛媛県で屋根・外壁塗装の事ならお任せください!株式会社技昇は愛媛県内どこでもお伺いします。

塗装のプロがお客様のお家をしっかり点検させて頂き、ご要望にお応えします!

お客様満足度No.1!地域密着型の株式会社技昇は、豊富な経験と優れた技術で

地元のお役に立ちます!

地域密着型塗装店・株式会社技昇です!

松山市のA様邸の外部点検を実施いたしました!

屋根はモジュール瓦、一度他社様で塗装をしており、そろそろ2回目のメンテナンス時期という事で建物診断を受診されました^^

 

点検風景

屋根全体の色褪せが観察されました。前回の塗装の塗膜も剝がれてきている状態です。

隅棟下地の劣化が見受けられました。以前の屋根瓦の下地は木下地の場合が多く、30年以上経った屋根下地は一度状態を確認し、腐食などがある場合は、下地を新しくやり替える事をお勧めします。

古い塗膜の浮きが観察されました。

塗膜が浮いてくると、やがて膨れ・割れ・剥離といった現象が起きてきます。

玄関のチョーキング現象が観察されました。雨や紫外線によって塗料の中の合成樹脂が分解され、顔料が粉状になって塗装表面に現れたものです。

皆さんのお悩みを聞かせてください☆

定期的な点検をすることは様々なメリットがあります。

●お家の今の状態の把握ができる

●専門家による劣化診断や塗装の正しい知識の提供を受けられる

●将来のメンテナンス計画の予定が立てられる

メンテナンスや塗装に対する意識はお客様一人一人違います。「将来どんなお家に住みたいか」「どのような暮らし方をしたいか」で、これからのメンテナンス方法を決めることが出来ます。

 

株式会社技昇では、専門知識を持った診断士が点検を行い、お客様一人一人のお悩みに向き合い解決策をご提案させていただきます。

まずは大切なお家の健康診断をしましょう

外壁・屋根、防水点検etc...無料点検受付中☆

株式会社技昇 ☎:0120-17-3588

また、こちらからも受け付けております↓↓↓

お問い合わせホーム

公式LINE登録で簡単お問い合わせ☆

愛媛県で屋根・外壁塗装の事ならお任せください!株式会社技昇は愛媛県内どこでもお伺いします。

塗装のプロがお客様のお家をしっかり点検させて頂き、ご要望にお応えします!

お客様満足度No.1!地域密着型の株式会社技昇は、豊富な経験と優れた技術で

地元のお役に立ちます!

皆さまお疲れさまです!

地域密着型塗装店・株式会社技昇です(^^)/


今日は雨模様でしたが、

朝一番より松山市内のお客様との商談があり、無事ご成約いただきました^^

誠にありがとうございます!

ありがたいことに工事依頼も増え続け、工事着手前現場は30現場を超えました。

皆様のご期待に一日でも早く応えていければと思います‍!

現在梅雨真っ只中ですがこれからも安全第一で現場を進めてまいります✨



本日の業務でお客様に言われて1番嬉しかったことがあります

それは相見積もりを取られたお客様になりますが、他社との比較後に

「技昇さんに出会えてよかった」
 
と言われたことです✨  

ほとんどのお客様が当社にご依頼いただいていますが、これからもお客様目線を第一に、技昇さんに頼んでよかったと言われ続ける企業を目指してまいります!!

本日も新規お問合せいただきました。

新規お問合せ3現場^_^

ありがとうございます(^^)/

お客様の声

沢山の嬉しいお言葉に、日々感謝です!

現代は情報社会と言われる中で、情報過多になってしまいその信ぴょう性を見分けることは非常に難しくなってきています。

正しい情報と出会うかどうかで、変わる現代。

少しでも多くのお客様のところに正しい情報、有益な情報がお届けできるように、沢山のお客様に出逢っていきたいと思います(^^)/

 

お気軽にお問い合わせください

外壁・屋根、防水点検etc...無料点検受付中☆

株式会社技昇 ☎:0120-17-3588

また、こちらからも受け付けております↓↓↓

お問い合わせホーム

公式LINE登録で簡単お問い合わせ☆

愛媛県で屋根・外壁塗装の事ならお任せください!株式会社技昇は愛媛県内どこでもお伺いします。

塗装のプロがお客様のお家をしっかり点検させて頂き、ご要望にお応えします!

お客様満足度No.1!地域密着型の株式会社技昇は、豊富な経験と優れた技術で

地元のお役に立ちます!

皆さん、こんにちは。

地域密着型塗装店・株式会社技昇です!

今、塗装業界では多くの高耐候塗料が宣伝され、各施工店がそれぞれ強みの塗料を案内しています。

しかし、いくら屋根や外壁を高耐候の塗料で塗っても、その他の付帯部分が色褪せをしてしまったらどうでしょうか?

株式会社技昇では、細部までこだわり付帯部分も美しさを保つ塗料をご用意しております!

4F イージスガードの魅力

耐候性の最高峰ともいえる特殊無機成分と4フッ化フッ素が結合して誕生した高耐候次世代塗料です。従来のような3フッ化フッ素塗料の場合、炭素と塩素の結びつきが紫外線に弱いという欠点がありました。しかし、4フッ化フッ素塗料は炭素とと結びつきが弱い塩素ではなく、フッ素にすることで、更に強い耐候性を実現しました。

※4フッ化フッ素とは・・・炭素から伸びた4本の先のすべてにフッ素原子が結びついたもの。一言に「フッ素塗料」と言っても水系・溶剤系・3フッ化などその種類は様々です。その中でも従来のフッ素と比べ、更に高い耐候性を持つのが「4フッ化フッ素塗料」です。

Point1 耐白亜化性(チョーキング)に優れた色褪せしにくい塗膜

塗膜の劣化が進むと、塗膜表面に白亜化(チョーキング)現象がみられ、光沢が低下し色褪せを起こします。4Fイージスガードは宮古島での暴露4年目検査での状態でも、指でこすって白くなるような白亜化は起こっていません。

Point2 付帯部にも優れた付着性を発揮

4Fイージスガードは防食使用における基準試験となる、おもり落下試験でも問題が無いことを証明しています。金属下地にも優れた付着性・柔軟性を発揮するので、付帯部全般の塗装に最適です。

●雨樋 ●破風板 ●庇 ●幕板 ●シャッター ●雨戸 ●ガルバリウム製外壁 ●工場の屋根等

Point3 高耐候性でトータルコスト削減に貢献

4Fイージスガードは4フッ化フッ素樹脂特有の高耐候性を有しており、紫外線や雨・風などの過酷な気象条件に対して優れた性能を発揮します。長期にわたり建物の美観を保ち、トータルコスト削減に貢献することが可能です。

せっかく足場を立てて行う工事、屋根も外壁も付帯部分も

永く美しくいて欲しいですよね^^

弊社では安心安全工事と、ここにしかない塗料で最高峰の長持ち塗装をお客様にご提供できます。

気になる方は是非、お気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください☆

外壁・屋根、防水点検etc...無料点検受付中☆

株式会社技昇 ☎:0120-17-3588

また、こちらからも受け付けております↓↓↓

お問い合わせホーム

公式LINE登録で簡単お問い合わせ☆

愛媛県で屋根・外壁塗装の事ならお任せください!株式会社技昇は愛媛県内どこでもお伺いします。

塗装のプロがお客様のお家をしっかり点検させて頂き、ご要望にお応えします!

お問合せはこちら

ご予約はお電話・メールにて受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

0120-17-3588

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください